愛知 名古屋 設計事務所 建築家 デザイナーズ住宅|アーキスタジオ


「建築資材不足」のおはなし・・・

2011-05-06 : 建築ネタ

今年のゴールデンウィーク、前半は事務所でホームページのメンテナンスと経理関係の雑用をゴソゴソとこなす。ホームページのメンテナンスは「Works」の各作品に、You Tubeのスライドショーをアップ。このBlogの右カラムの下段からも各作品毎のYou Tubeのスライドショーをご覧になれます。

GW後半は、一ヶ月ぶりにランニング再開〜日帰りで近郊の山歩き…などなど、、、。昨年11月のいびがわマラソン前に傷めた足底筋炎も、4月一杯まるまる5週間完全休養にあてたお陰でほぼ回復。快気祝いにと、日帰りの山歩き〜滋賀県の「霊仙山」←高校のワンゲル同好会時代によく登った山〜山歩きというか、途中トレイルランで走ったりと、調子こいていましい・・・その後の2〜3日間は、フルマラソン明けよりヒドイ激脚筋肉痛 (x_x)! ….

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで「建築資材不足」のおはなし。
なんか、せちがないハナシで恐縮ですが・・・この際、書いちゃいます。

先回もかきましたが、ウチの監理現場四件では、とくにそのことが問題になっておりません。

このところ、新規案件の御相談を受けるお客様に、「建築資材不足なんですか?」とか・・・「資材不足で建築費用がアップしているのでは??」とか、ちょくちょく質問をお受けする機会がありました。そのときに、お応えしていたことなど・・・。

住宅一軒つくるためのコストのうち、「資材費・材料費」の占める割合は、実際のところよくあっても50%です。建設コストの半分以上は人件費や管理費用が占めています。巷で不足不足と騒がしい「ベニヤ」や「ガラス」、「プラスチック・ゴム製品」などの材料費の占める割合は、建設コスト全体からみりゃあ、ほんの数%です。正直申し上げて、これら数%にしか過ぎない材料費が3割高になろうが、全体の建設コストからみれば微々たるものになってしまいます。この御時世、建設業界も極めて景気が悪いですから、巷で叫ばれているような「建設資材不足」を理由にした「値上げ」なんて、とてもとても言いだせないのが建設業界の現状です。

一番問題なのは、資材が納入できないことによって現場がストップしてしまうことです。資材の供給側からすれば、納入先の優先順位は→1.取引信用度の高い建設業者→2.発注順番(お客さんとの的確迅速な打ち合わせ=工事段取りの良い現場)→3.発注量の多寡…などによって決まるでしょう。ですから、建設業者さん選定に際しては、経営信用度や現場管理がしっかりとした業者さん(←経営規模が大きい=良い業者とは限らない)に依頼すれば、昨今騒がれている「資材不足による工事ストップ!」のリスクはかなり少なくなるはずです。どうやって信用度の高い建設業者さんを選定するか?・・・やはり、我々のような設計監理の専門業に御相談いただく事が一番です。ウチの事務所では、建設業者さんの年々推移する財務状況を過去数年間に渡って把握した上で、見積り依頼をかけています。

巷では、消費税アップ ↑なんていう話もちらほらでています。正直、住宅の建設コストに一番影響するのは「消費税+5%!」なんです、あたりまえです。はやいハナシ、3000万円のお家つくるの150万円も余分にかかってしまいます。+αの150万円あれば…あれもできる、これも実現できるし・・・。

ワタシらぁ設計屋にとっても、一番困るのは消費税アップ決定による駆け込み需要の急増と、消費税アップ後の急激な需要の落ち込みなんです。

過去、消費税が3%→5%になったときには・・・消費税アップ前に駆け込み需要が急増したことが、一番の建設コストアップね原因でした。建設需要の急増は、人手間不足を招き、建設コストの半分以上を占める人件費・管理費の高騰につながります。

ただ今回のような大災害のあとでは、消費税アップ前の駆け込み需要による経済の活性化が東北地方の復興に貢献できる?、っていうメリットもあるでしょう・・・しかし、消費税アップ後の急激な消費の落ち込み考えると・・・そりゃあ、先行き暗雲立ちこめるでしょう。そう思うと、なんらかの赤字国債でここ数年しのぎ→復興需要経済で世の中ににお金がまわるようになってから→改めて諸々の税金アップを検討・・・って、ワケにいかないモンでしょうかねェ。

震災後のコノ1ヶ月半で想像以上だったのが、車関連のサプライチェーンの遮断による経済打撃、と政府・東電の原発対応の酷さからくる諸々の風評被害+過剰自粛。それでも経済評論家の先生方の御意見は「今年の秋以降から来年一杯ぐらいまでは、かなりの復興需要が期待できるから、楽観視しています」とか・・・、だけどねぇ、そんな復興景気も消費税あがってしまえば、諸々の購買意欲もシュンとしてしまい、経済活動も減退してしまうように思う。

震災の影響による諸々の建設コストへの影響は・・・・車産業はじめ世の中の色んな分野での復興需要が景気を牽引して、それにつられて建設コストも徐々に上がっていくでしょう。但し、それは来年以降のことになるのではないでしょうか。

設計屋の立場で建設業者さんには大変申し訳ないんですが・・・車産業が回復するようになるであろう今年の秋口(今年いっぱいぐらい?)までは、たぶん住宅の建設コストは安値傾向が続く、と思っています。

ですから、みなさ〜〜ん!自粛などせずに元気だして精一杯の夢を描いて『家』造ってください!
そいでもって、おおいに日本経済全盛り上げましょう!。

名古屋の建築設計事務所スタッフのブログ/ほめれば伸びるタイプなの。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ 人気の建築設計事務所ブログ


春らんまん・・・・

2011-04-17 : 建築ネタ

今朝起きてみたら・・・我が家の玄関先、2〜3日前までは蕾だったミツバツツジがパっと咲いていた。気持ちの良い春爛漫な日曜日、今日もお施主サンと事務所で打ち合わせ。ここんところ毎週日曜日はお施主サン打ち合わせが続いています。

震災以降、いろ〜んなコト考えさせられています。新聞読めば大地震がもたらしたあまり悲惨な状況に泣けてしまう思いやら、、、遅々として進まぬ政府の震災対応にイラつきまくり、、、「10年や20年は住めなくなるだろう・・」などと、なにげに発言してしまうイラ管首相(関係者)には呆れ果てたり。。。。

マラソンの方は、3月末にあった「豊橋ハーフマラソン」を無事走り終えて、マラソン大会の今シーズンが終了。4月以降ここ3週間〜、オーバーホールにて完全休養しています。豊橋ハーフマラソンは自己ベスト更新ならずも、なんとかベスト2のタイム。ネットで【1:36:58】、まぁまぁだったかなぁ。今シーズンは10月頃からず〜っと足底筋膜痛かかえたなかで、えっちらおっちらとトレーニングに励み、3月初めのフルマラソン・・・での自己ベストも更新、終わってみれば結果オーライ、まぁよかったとしましょう。それにしても、いまだに足底筋膜痛が治らん (+_+)、さすがに齢52にして年甲斐もなく頑張り過ぎ?かいなぁ・・・。

仕事の方は、立て続けに実施設計をアレ コレ やと二件こなし、現場監理が「3件+近々着工が1件」着々と進行中、幾つかの計画案件やら・・・マラソン休養中のおかげ?せっせとMacに向かって仕事ハゲんでいます。

愛知県名古屋市の建築設計事務所,デザイナーズ住宅・コートハウスの設計
最近の実施設計から・・・写真クリックで、手動スライドショーになります。

世の中、建設資材不足とか騒がしいのですが・・・ウチの現場では特に影響はないようです。建設資材不足のハナシも、なんだか震災不安につられて多分にあやふやな情報ばかりのようで困りモンです。なかには『仮設住宅用「合板不足」に業界反発 政府の「批判かわし」の声も』なんて記事がでてる→ホントかいなぁ?今の世の中、国民に一番信用されていないのが政府・官邸発表?ってワケだ。まるで政情不安な途上国のような有り様の政府・官邸、嘆かわしいことこの上ない。

春らんまんな日々、つまらん自粛などせずに元気だして精一杯働いて〜おおいに消費活動して日本全国盛り上げて!〜精一杯税金払って!?ナンチャッテ、、、、元気にいきましょう。

名古屋の建築設計事務所スタッフのブログ/ほめれば伸びるタイプなの。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ 人気の建築設計事務所ブログ


桜めでる・・・

2011-03-25 : 煩悩雑事雑感なBOSS

世の中、あまりに哀しい出来事ばかり・・・早く、サクラ咲く「春」になって欲しい、、、と思っていたら・・・ありました、ココ名古屋には。

なんだか、この一街路だけが別世界?かと思ってしまいます。

大震災以来、ず〜っと、なんとも心痛む気持ちで過ごしてきたこの二週間余り・・・、一年振りにココの桜がめでれて、とっても心安らぐ気持ちになれました。今年も奇麗な花を咲かせています。

名古屋市東区の街路樹「大寒桜寒緋桜」。毎年3月中頃には、ドラゴンズ系新聞で、季節の風物詩として紹介されています(哀しいかな今年はその記事も見当たらない)。

東北の地は、今夜もまた雪になるのかもしれない・・・とか。かの地にも早く暖かな春とサクラサク日が訪れるてくれることを願います。

こちら名古屋の街中では、現在「モクレン」やら「コブシ」の真っ白いキレイな花が八分咲きです。多分、来週にはソメイヨシノが咲き始める頃・・・若葉香る季節の到来。元気だして精一杯働いて〜おおいに消費活動して日本経済盛り上げて!〜精一杯税金払って!?ナンチャッテ、、、、がんばんべぇ!。


世の中、大変な様相だ…

2011-03-14 : 煩悩雑事雑感なBOSS

世の中、大変な様相だ…。呑気にマラソン談義なぞ語っちゃおれぬ。

東北地方太平洋沖地震で被災された方には心よりお見舞い申し上げます。

連日TVで流れる映像を食い入るようにみれば見るほど、どうしようもなく哀しくなってしまいます。

海外のマスメディアが報じてくれるハナシじゃないが・・・日本人の「勤勉さ」や「秩序」「一致団結心」もってすれば、きっと復興できる、克服できる、と信じます。

ワタシャ日頃からケータイメールなぞ、全く利用しないしケータイWebも使うがありません。なにしろ、現場や打ち合わせ以外は朝から晩まで事務所にいてパソコンに向かっているもので、電話でもメールでも敢えてケータイ使う必要がないからです。今回の地震報道見て考えちゃいました・・・さすがに、ケータイメールやケータイWeb使えるようにしていなきゃ、今回のような災害時に困ってしまうだろうなぁ。。。なんて。


「疎い」とか「方便」とか・・・

2011-02-19 : 煩悩雑事雑感なBOSS

ここのところ・・・毎朝、新聞記事みて、呆れてばかりの日々。

そういう事に疎いのでTシャツ

そういう事に疎いのでTシャツ

『疎い』とか、って言ってしまう首相殿やら、、、『方便』とかって宣ってしまう・・・首相サン。いつまでたっても「小沢問題」と政局ガラミの争い、小沢サンに恩義があるとか尊敬しているとか・・・そんなことは国民にはどうでもイイ話し。「子供手当て」やら「高速道路無料化」やら、本当に必要なのか?それができるのか?それがために、とんでもない額の赤字国債の発行していいのか???今の日本の立場考えりゃア、ポピュリズムめいたことばかりを悠長に言ってられないのじゃないのぉ?他国との経済競争やら領土問題に朝鮮半島などなど…

某評論家サンではないが「エジプトの国民がうらやましい」。

ワタシャ、「方便」っいうコトバ、普通は「嘘も方便」として使い、あんまり「あれは方便だった」とは言わない、と思っていた。

あらためて「方便」の意味を調べた。それによると・・・

私がみんなに説いていることは、人が真実の次元に到達するためのイカダに過ぎない。つまりイカダは、川岸から反対の川岸に渡るための、便宜上の乗り物であり、渡ってしまえば、もはや必要ないものである。自分が日頃、言っていることもそれ以上のことではないよ。』・・・とか、おっしゃっていたそうな、かの仏陀は。

つまり「沖繩の米海兵隊の存在が抑止力になっているから、沖繩から米軍基地を移転できない…と言ったことは方便だったのか?…ハイ、そう言う部分もありました。」では、それもあとから言われてしまっては(バラシテしまっては)、そりゃあ沖繩の人達ばかりか国民も政府も呆れるわ、怒るわ・・・一体なんなんだ、この人は。

そんなこんな思っていたら・・・今日、こんな記事みつけて、多少は慰められてしまった。

============================
読売新聞 2月19日(土)11時46分配信 
【シンガポール=岡崎哲】
「日本人はくじけてはならない」——。 
シンガポールの有力紙ストレーツ・タイムズ(17日付)は、日本が技術革新を続け、優れた製品やサービスを生み続ける限り、「今後もずっと尊敬される国であり続ける」との東京特派員のコラムを掲載した。コラムでは、「GDPの順位だけで国の全体像は語れない」と指摘した上で、世界の音楽界最高の栄誉とされるグラミー賞を日本人4人が同時受賞したことに触れ、「音楽でも経済でも日本がこの先見限られることはないと思い知らせた」と評価した。そして「世界レベルの成果」を生む要因として、勤勉さや仕事への誇り、秩序感覚など数字では表せない日本の国民性をあげた。
============================

なんだか、近々の経済発展著しいシンガポールの人達が、このところの日本人の元気のなさをみて、慰めて下さったのか、励まして下さったのか?

我々日本人の取り柄(誇り)は「誠実・秩序・謹み」なんだと思う。

自分の座右の銘は、ウチの実家に掲げてある『剛徳正行』っていう「書」のことば。

理不尽なことも多き世の中なれど、つよい徳をもって正しく振るまいたい・・・あらためて、そう思う。

名古屋の建築設計事務所スタッフのブログ/ほめれば伸びるタイプなの。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ 人気の建築設計事務所ブログ


今年も駒ケ根マラソン・・・

2010-09-30 : BOSSのマラソン日記

例の「中国問題」・・・どうやら終息しそうな気配?も漂ってきたようで、よかったのかどうか・・・失われた国益は計り知れないのか?、そうかと思えば、間髪入れずにvers.ロシア北方領土問題の気配。こりゃあどう考えたって、外交下手な管サン+民主党政権にかこつけて、いいようになめられているようにしか思えんのだが・・・。じゃあ、ロシアの次ぎはvers.韓国竹島問題?その次の次は・・・vers.か?←こっちは世襲移譲の真っ最中、下手したら祝賀脅しの実弾ってこともあり得る?ってか・・・、こんな風に飛躍的?に発想してしまう故、世の中が危なっかしい過激な風潮に染まってしまう、これが一番コワイ。思えば若かりし頃は、多少は左翼かぶれして日本の自衛隊や安保の存在に疑問を抱いた時期もあったが・・・昨今の日米安保沖繩基地問題やら中国+北朝鮮の存在思えば、自分も随分と右傾化思考になったのか?それとも正常化思考なのか?いろいろ考えさせてくれる昨今、キーワードは「国益」ってことか。

キナ臭い話しはさておいて・・・

名古屋の設計事務所今年も走ってきました『中央アルプス駒ヶ根高原マラソン大会』。ついこの間までの猛暑から一転、爽やかでカラッした秋晴れのもと、爽快な気分で走ってきました(昨年はコチラ)。

今年は、ウチの奥方も15kmレースに参加。朝6時に家でて、現地には8時前に到着。若かりし頃から山登りに訪れている駒ケ根の地、こんなに爽やかにスッキリと中央アルプス宝剣岳が望めるのも初めてです。

レーススタートは10時。相変わらず、なんでだか年代順のスタートです。
今年も、スタート直後の、若モンのノロノロ集団には泣かされます。我らが50歳台の日頃鍛えられしオッサン軍団は、次々とノロノロ走り(歩き)の若モンをぶっちぎっていきます。気が付けば、自分より前方にいるのは、半数以上が40歳代以上のゼッケンを着けているランナーばかりになっています。
名古屋の設計事務所 マラソン日記
そんなこんなで、爽やかな秋晴れのもと、中央アルプスや南アルプスの(昔登った)山々を眺めながら爽快にかっとばして・・・なんだか、去年よりす〜っと調子が良い!、これも日頃のトレーニングの賜物か、ってほくそ笑んで・・・ゴォ〜ル!!

記録:1時間09分18秒 / 427位(男子総合1477人中)

ウ〜ン、あんだけ快調な走りだったのに昨年より3分半程、縮めただけかぁ〜、ちと残念。それでも、去年は心肺的に一杯一杯だったように思うから・・・それにくらべたら、今年の走りは心肺的にはまだ余裕があった。そう思えば、この後に続くフルマラソン参戦も愉しみになってきました。

名古屋の設計事務所 グルメ

帰路、殆どのランナーが駒ケ根名物になってしまった「ソースカツ丼」食べる為に、あちこちのお店で行列つくっている。ウチの家族はその行列を尻目に・・・へっへっへっ〜てな思いで、、、駒ケ根高原の深閑とした森の建つ穴場の蕎麦屋、『苔清庵』で絶品の十割蕎麦を堪能。これが愉しみで今日頑張ったようなもんだ。たかが、麺類の類い、されど旨いモン喰えるってのは幸せな気分だ。

満足満足なマラソン日和でした。

今後のレース予定など・・・

*中三週後に・・・
■10/17:「第5回鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン」←フルマラソンに向けてのスピード練習
*中二週で・・・
■10/31:「水都おおがきハーフマラソン」←フルマラソンに向けてのペース走
*中二週で?!・・・
■11/14:「2010いびがわマラソン」〜フルマラソン!
*中9日で?!?!・・・
■11/23:「名古屋シティマラソン〜10km」←今年はさすがに10kmで我慢
*中12日で?!?!・・・
■12/5:「奈良マラソン」〜フルマラソン!今年前半のメインイベント

となっています。
今月9月も今日で終わり。昨日の時点での9月の走行距離は、約250km/月。今月前半に若干膝痛を感じた為、5日程自重していました。只今、体重57.5kgに体脂肪率11%前後(身長164.5cm)。思えば、4年程前にダイエットにとウォーキングやジョギングを始めた頃は、ピーク時で体重66kg、体脂肪率22%ぐらい、でした。

名古屋の建築設計事務所スタッフのブログ/ほめれば伸びるタイプなの。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ 人気の建築設計事務所ブログ


建築模型・・・

2010-09-23 : 建築ネタ

本日は、せっかくの休日なのに、朝方からえらい土砂降りの雷雨・・・午後からは、雨も上がる気配、ひとっ走り30km走ってこよう。それにしても、ここ数日えらい憂鬱な気分だ。自分でもなんでかなぁ?と考えてみて・・・一番の憂鬱さの原因は・・・「中国問題」か、と気付く。腹たつこと色々あれど、こればっかりは私一個人じゃあどうしようもない。かと言って、気にするな、と言われても、気になって仕方がない→ますます憂鬱な気分になる。なんとかして頂戴、日本国政府サン。どこぞの知事じゃあないが、まるきりヤクザの因縁話のようで、それでも実害さえなければ、デンと構えていりゃいいが・・・レアメタル云々までやられちゃあ、さすが因縁話も一線こえている。早く収束させなきゃあイカンでしょうこの問題。。。ニューヨークでの国際会議やらヨーロッパでのASEM会議やら、外交チャンスは色々あるんでしょ?・・・国会対策にかこつけて、逃げてちゃ困るよ日本国政府サン。

名古屋の設計事務所、コートハウス憂鬱話しはさておいて・・・実施設計にとりかかり始めた案件の御紹介など。

ウチの事務所では、計画段階でのプレゼンや自分達の空間デザインの確認は、主にCGで行ないます。計画案も煮詰まった、基本設計の最終段階で「建築模型」を造ります。ウチの事務所では、itoが模型造りの精度にうるさい、ったらありゃしねぇ、です。itoの後輩が造る模型に「そこ1mm狂っとる」とか「スチレンボードの切り口が甘い!」とか・・・。思えば、BOSSひとりで事務所やっていた頃なんか「建築模型なんか12時間以内に造る」もんでした←正直、ワタシャ12時間以上は、模型造りに耐えられない!です。それ思えば、今のスタッフの根気強さには感心してしまいます。

名古屋の設計事務所、コートハウス

模型のCGがコチラ。
画像クリック→手動スライドショーです。
真っ白いミニマルな外壁とナチュラルな色の木製ルーバーの組み合わせ。結構な街中に建つロケーション、外観は閉じつつも建物内に中庭を設けて開放的なリビングダイニングをこしらえています。ま、毎度お得意の中庭と一体となった広々リビング、です。

名古屋の建築設計事務所スタッフのブログ/ほめれば伸びるタイプなの。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ 人気の建築設計事務所ブログ


一億総ガキ社会!?・・・

2010-08-09 : 煩悩雑事雑感なBOSS

ここんところワケ分からん、それでいて、とっても考えさせてくれるニュースが続いている。
大阪で起きネグレクト事件にしろ、高齢者の所在が多数不明になっている問題にしろ、なんとも、今の世の中の人間関係の希薄さを象徴しているようで、物悲しい・・・。

最近のニュースで唯一微かな希望?に思えたのが、長崎・広島の「原爆の日」に国連事務総長やアメリカ大使ほか(中国以外の)核保有国代表が出席したこと。日本の総理大臣でさえ初めて式典に出席したのは、1972年の佐藤栄作総理だった、ことを思えば、世の中進歩はしている。

そうこう思って昨今、ネット書評でこんな記事がでていた。

「一億総ガキ化」という新書。以下、その記事からの引用・・・・

名古屋の設計事務所、建築家の書評引きこもりやモンスター○○といった人たちに象徴される人間像を著者は“ガキ”と呼び、彼らに共通するのは、強い自己愛と成熟を拒否すること。「大人になる」というのは『なんでもできるようになること』ではなく、むしろ「何でもできるわけではないということを受け入れていく」ということ。なんでも親が身の回りを面倒みてくれるという、幼児的な万能感をもって、自分の思いとおりにならない「現実」と向き合うことができないのは、まさに子どものまま、ガキのまま、なのである。伝統的な社会や文化の下では、規範やしきたりによって人々は縛られてきた。しかし、いま思えば、こうした規範や貧しさなど外的な制約によって、人生は思い通りいかないことを子供のころから身をもって学んできた時代があった。それが、豊かになって、外部からの規範から解放されて自由になり、「自分らしさ」や「自己実現」を追求できるようになった一方、その代償として自己責任がのしかかってきた。失敗すれば向き合うのは自分自身という社会になった。

我が身振り返ってみても思う・・・ウチの子供みていても、なんとも「人生は思い通りいかないことを子供のころから身をもって学ぶ」という体験があまりに少ない、いや、親がそのようにはさせてこなかった、ように思う。親としては、すべからく「子供の転ばぬ先の杖」を用意してしまっている。いまの世の中、かつての村社会・家父長制度的な「理不尽さ」は殆ど排除されてきて、その結果、個人の「自由・権利」が尊重され、多くの日本人が「自由」を謳歌できるようようにもなった。いまどきの日本、どこぞの国々と比べて民度は進歩して結構なことではあるが・・・一方では個人の「自由・権利」が尊重されるのはいいが、それと引き換えに「思い通りにはならなかった場合の我慢強さ・打たれ強さ」がなくなってきている「大人になりきれないオトナが」増殖しているのか・・・。いまいちど、日頃の生活の中で失ってしまったもの、失敗したもの、の対象をしっかりと認識し直すべき、なんだなあと思う。

「原爆記念日」の話し・・・日本の総理大臣が、式典では「核なき世界」訴えておきながら、後から「米国の核の傘は必要」という、矛盾した発言している。管さんとしては、現実の日米安保がある以上理想と現実が違う、とは分かっちゃいるが・・・まさしく「何でもできるわけではないということを受け入れていく」ということなんだろう。大事なのは「矛盾した現実」を受け入れてしまっているという認識のもと、その矛盾をちょっとづつでも解決していこうという姿勢を示していくこと。形骸化が疑われる非核三原則を法制化するとか、唯一の被爆国として国際社会でリーダーシップを発揮するとか、やるべきこと、とるべき姿勢というのは一杯ある、と思う。

名古屋の建築設計事務所スタッフのブログ/ほめれば伸びるタイプなの。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ 人気の建築設計事務所ブログ


魚食民族日本人・・・

2010-06-21 : 建築ネタ

先日、オーダーキッチン製作のPrimaveraさんで、打ち合わせの最中でてきた会話・・・

名古屋の建築設計事務所・キッチンの設計

「最近の若い世代のお客さんは、(不格好な)魚焼き機のついたガスコンロよりも(魚焼き機のない)カッコイイ外国製IHコンロを選択されるケースが増えてきた・・・」とか。

ウチの事務所では、キッチンのデザインも全て、その都度オリジナルで設計しています。確かに、キッチンのデザイン考える時、一番の悩みどころがコンロとレンジフードの辺りです。料理好き、喰うこと大好きな設計屋としては、料理する際のキモであるコンロ〜レンジフードの機能性については拘りはもちたいところです。ところが、デザイン屋の立場からすりゃあ、思いっきり生活感のでる「魚焼き機付ガスコンロ+ごついレンジフード」よりも・・・そりゃあスッキリデザインのカッコイイ外国製IHコンロにを採用したいのもヤマヤマです。ここいら辺が、キッチンデザインする際の一番の悩みどころではあります。

↑ちなみに、こちらのキッチンは「ガスコンロ+魚焼き機付」です。

では「(魚焼き機のない)カッコイイ外国製IHコンロ」を採用した場合はどうするのか?そりゃあ、無性に「アジの干物が食べたい、とか「鮎の塩焼き」が喰いたくなるときだって、一年に何度もあるでしょう。スーパーの総菜売り場で「焼き魚」買うよりは、そりゃあ「焼きたて」がウマイにきまっとる。そんな時には、便利な「魚焼き器」ってものもが世の中には存在します。←果たして、これ使ってほんとに美味しく魚が焼けるか?・・・・私には、わかりません、使ったことがないもので。キッチンデザイナーの設計屋としては、一度「魚焼き器」っていうものも試用・試食してみにゃあならんなぁ、と常々思っとります、ハイ。多分、コノ方のブログのように「煙がでるタイプの魚焼き器」の方が、煙と一緒に余分な水蒸気も排出され、(蒸し焼きにならずに)魚の皮がカリッと焼けて美味しいのだろうなぁ、とは想像されます。(使用する時は、コンロ上レンジフード下で使うべき)。

そんなこんなで、今朝ネットの日経BPの記事読んでいたら、こんなコラムがありました。

いつまで続く「魚食民族日本人」

この記事に中で、最近の家庭での魚離れの原因として、「料理が面倒」「後片づけが面倒」「魚の匂いを残したくない」とか、、、。一方では、健康ブームの影響か?「子供には魚食べさせてたい」っていう矛盾した統計データ。データが矛盾しているんじゃあない、人間の方が矛盾しているのである。その矛盾を担っているのが「くるくる回転寿司」ブームらしい。近年の海外での「寿司ブーム」とおんなじ構図か?(サッカーのオランダ代表監督には、日本戦のことを「スシディナー」と、コケにされてしまった)。

今朝のA新聞にも書いてあったが、日本近海では鰹だのキハダ・メバチマグロだのが獲れなくなってきた・・・資源枯渇原因のひとつ・・・諸外国船の底引き網問題。東シナ海じゃあ中国船籍の漁船が底引き網で根こそぎ魚獲っていってしまう、らしい。日本の食料自給率は40%そこそこしかない現実。中国が狙う先は「魚」もさることながら、国境線の膨張戦略とそこに埋蔵する資源・・・日本も、呑気にしておられんのではないか。一体、我が「魚食民族日本人」の将来はどうなることやら。

ウチの事務所でも、2年前まではスタッフが独身男ばかりだったので「BOSSのこさえる賄い料理」を提供していました。料理好き、喰うこと大好きな設計事務所所長が、腕によりかけて?「焼き魚」だの「煮魚」だの、わけのわからん「イタリア風煮魚」だの「牡蛎飯」に「魚介の炊込み飯」に沖繩風の「マース煮」…etc.色々お造り申し上げていました。秋刀魚の塩焼きやるにも、一手間かけて→魚焼き器にいれる15分ぐらい前に、十分塩振りしておき(こうすると、青魚の臭みが浮いてきます)→15分ぐらい経ってから、一旦秋刀魚を軽く水洗いして、キッチンペーパーでしっかりと水拭きして→もう一度軽く、見栄えよく塩振りして→それから魚焼き機にいれる。などなど・・いろいろウンチクはありました。なんで、そんな手間かけるか?そりゃあ、一重に「どうせ飯食うなら、旨い飯喰いたい」「飯ちゅうモンは焼き立て、作り立てがウマイにきまっとる!」という、喰い意地に他なりません。ただ当時、食後の後片づけは、全部スタッフの当番制、スタッフにみなやってもらっていました。そりゃあ、魚料理の時の後片づけ、生ゴミ処理は、結構イヤがってはいました、ハイ。

名古屋の建築設計事務所スタッフのブログ/ほめれば伸びるタイプなの。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ 人気の建築設計事務所ブログ


気落ちする・・・iPad

2010-06-02 : 煩悩雑事雑感なBOSS

「鳩」印のTシャツ

東京株、首相辞意報道で下げ幅縮小(msn.産経)』とか『鳩山首相辞意で小反発、35円71銭高で終了=東京株式2日前場(時事.com)』・・・とか、なんだかねぇ、情けないねぇ。一国の首相が辞意表明して、そのことがその国の経済社会にプラス評価されてしまう、とは。毎年毎年、一国の首相が代わってしまう国なんて他にはない。それ思うと、こんな政治家・政党を育ててきた我々国民、ぜーんぶ自分たちに跳ね返ってきてしまい、余計に気落ちする。ま、情けなさにかけては、サッカーの韓国戦と同じか?(←対イングランド戦で持ち直したが)。

「反対!」とばかり叫ぶだけ、のどこぞの女性党首サンもなんだけれども・・・あちらは、昔っから「なんでもかんでも反対!」って叫んでさえいりゃあ、選挙で当選させてもらえる、ってか?。

現実に、東シナ海では中国の出方が怪しいし、挑戦半島は緊張感漂よっているし・・・普天間のハナシ「安保只乗り論」じゃないが、改めて考えさせてくれる良い機会、もうちっと「勉強」せにゃあいかん。「勉強すればするほど→重要性がわかりました」では・・・すまされない現実。

気落ちついでのハナシがもうひとつ・・・。

例のiPad。こちとらMac信者になってから13年。是非とも欲しいiPad・・・けれどFlash非対応ときた。iPhoneもFlash非対応、困ったモンだ。今どきのカッコイイWebサイトつくりたけりゃ、どうしてもでFlashを利用する。なんで、AppleはAdobeのFlash対応しないのぉ?!Appleとしては、独自路線つらぬくために、Flashに変わる独自開発のWeb言語開発中とは、噂にきいちゃおるが・・・ならば、早く発表してちょーだい、スティーブ・ジョブズさん!!。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ 人気の建築設計事務所ブログ


Page 1 of 212»
カレンダー
2017 年 8 月
« 7 月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
アーカイブ