愛知 名古屋 設計事務所 建築家 デザイナーズ住宅|アーキスタジオ


Eclipse・・・

2009-07-22 : 音楽好きなBOSS

先程、事務所の外にでて「Eclipse=日食」をみていました。名古屋地方、お陰サンで曇り空、雲の切れ間からのぞく、欠けゆく太陽を眺めることができました←ムリヤリ??裸眼でみていました (-_^;)。名古屋でも79%ぐらいの欠け率だったらしく、確かに三日月型の太陽が観てとれました。テレビの、硫黄島からの実況中継もみていましたが、なんとも幻想的な雰囲気が伝わってきてよかったです。皆既日食に近づくにつれ、辺りがホノ暗くなると同時、グレースカイなのかブルースカイなのか、なんとも不思議そうな空の色、水平線に沿った360度ぐるりは全て茜色の夕焼けに染まった景色。

「Eclipse」と言えば、そうPink Floydのお化けヒットアルバム「The Dark Side of the monn」の中のラスト曲。ロジャー・ウォーターズ作品特有に哲学的な歌詞で、なんとも一本調子ば気だるい歌声の曲です。

愛知 名古屋の設計事務所

「Eclipse」
All that you touch
All that you see
All that you taste
All you feel.
All that you love
All that you hate
All you distrust , All you save. All that you give ・・・・

“There is no dark side of the moon really.
Matter of fact it’s all dark.”

ワタシャ、このアルバムでは圧倒的にデイブ・ギルモアの「Us and Them」のメロディアス な曲の方が好きなんです。

1973年、当時まだ中学3年生だった頃、FMラジオから「The Dark Side of the monn」をカセットに録音して、それをテープが摺りきれるまで、何百回と繰り返し聞いていました。

その後、月日が流れ1988年頃、名古屋のレインボーホールでロジャー・ウォーターズ抜きのPink Floydのコンサートを観て、その壮大で衝撃的なコンサートに感動しきってしまいました。その1988年頃のコンサートから以降〜いま2009年現在でも、このパソコンの「iTunes」で繰り返し繰り返し「The Dark Side of the monn」を聞いています。

「The Dark Side of the monn」の冒頭ナレーション・・・・

「死を恐れていない」という一節

And I am not frightened of dying, any time will do,
I don’t mind. Why should I be frightened of dying?
There’s no reason for it, you’ve gotta go sometime.’
‘I never said I was frightened of dying.’ ・・・

昨年の9月には、Pink Floydのキーボード奏者リック・ライトが他界し、なんとも感傷的な思いで、このアルバムの中の(LPレコードの)A面のラスト曲「虚空のスキャッ / The Great Gig In The Sky」を聞いたものです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ 人気ブログランキングへ


正直、建築ネタも尽きたか・・・

2009-07-19 : 新作のBOSS

愛知の設計事務所,建築家このブログ、本業の建築の話題そっちのけ、ランニングに音楽に愚痴ばかり・・・。ブログらしきもの始めたのが2003年1月からだから8年半も書きつづっています。

正直、建築ネタも尽きたというのか、書き飽きてきた感、です。まぁ、そう言わんと・・・最近のウチのProjectの御紹介など。

以前にも御紹介した、傾斜地に建つ住宅のプロジェクト。緩やかな傾斜地の勾配に従い、徐々にスキップしながら各部屋にアプローチするような案に仕立てています。その後、お客様との打ち合わせを繰り返し、只今練り込み作業の真っ最中です。

Mi.jpg

CGパースの製作担当は、新人のideくん。学生時代は、3DCGの製作も特に経験なかったようですが、ウチの事務所に入所してから3ヶ月で、このくらいの表現力身につけてくれて、まぁまぁ合格点です。

ウチの事務所では、その他2~3件程の新規Projectが併行して進んでいます。今年初めから半年がかりで実施設計まとめた物件が、メデタク着工の運びとなり、itoが担当する住宅も実施設計アップして、只今建設業者さん数社でお見積り中です。

なにかと慌ただしく、あれやこれや、とイロイロやることばかりで、ちっとは落ち着けやぁ、と自分に言い聞かせている昨今です。

その他のProjectも順次御紹介していきますので、このブログもちょくちょく覗き込んでくだされば幸いです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ 人気ブログランキングへ


オヤジの愚痴・・・

2009-07-15 : 煩悩雑事雑感なBOSS

先日の東京都議選も予想通り(?)の結果で、一安心ってか???。でも、まぁ他所の地方選挙でこれほど興味津々だった思いも初めて・・・、昨晩のニュースが楽しみではあった。そもそも、国民の選挙の審判を受けておらぬ内閣総理大臣が三代もつづくなんてのは絶対おかしいと思う。さき頃のサミットに出席している日本の総理大臣毎年コロコロ変わるも、他国からみたらオカシイでしょう???。

名古屋 設計事務所 デザイナーズ住宅

思えば、かつて中曽根サンや大平サン、最近の小泉サンなんかは、何としてでも権力を維持したいとか、やりかけの政策を実現したいとか、そんな強いエゴや個性、意志が感じられたように思う。だからこそ、選挙でもワクワクさせられたモンだ。中曽根サンは国鉄の分割・民営化だの、小泉サンは郵政民営化に命がけ?になっている様子がヒシヒシと感じられた。それに比べたら・・・今の政府与党、国民の審判を受けておらぬ内閣総理大臣が三代もつづく現状、一体この人・麻生サンは何を実現させたいのやら??「景気対策!!」の掛け声だけ、結局は重要法案が廃案に追い込まれたりで、まるきり最近流行りの草食系?の政治ってこと??。

それにしても、障害者自立支援法改正案や医療費助成などを盛り込んだ肝炎対策基本法などの福祉関連の法案が、政局優先で実現しないの?と思えば、なんとも哀しくなります(ワタシャ、特に代々木の政党を支持しているわけでありませんが)。

政治のハナシ書き出してみたものの・・・面倒になってきて、止めます。

それにしても・・・ここんところ愚痴の多いBOSSです。

最近の愚痴は・・・いまどきの若モンは草食系平和主義自己主張が強くない、何事にも受身っていうヤツです。

なにしろ『KY』すぎる。

KYって言っても『空気が読めない』じゃないんです。

彼らをみていると、KYとは『空気読みすぎ』なんです。

オヤジの愚痴も言い出しゃアきりがない。そんなこんなで、最近ではこんなコラムみて、考え込んでしまう昨今のBOSSです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ 人気ブログランキングへ


何故か、ミック・ジャガー

2009-07-14 : 音楽好きなBOSS

名古屋 設計事務所 デザイナーズ住宅

最近、ランニング中に突然聞きたくなった曲が・・・何故か、ミック・ジャガーが1987年にだしたソロアルバム、『プリミティヴ・クール』の中の一曲「スロー・アウェイ」っていう曲。←なかなかポップでハイテンポな曲、ランニングにピッタリなんです。
このアルバム、ミック・ジャガーのバッキングメンバーが、ジェフ・ベックのギターにサイモン・フィリップスのドラムスときたもんだ。おまけのゲストミュージシャンにデイビッド・サンボーンまでついてくる豪華盤。ミック・ジャガーの声色もストーンズの時よりも、何故か若々しく聞こえるから不思議。

一説によるとローリング・ストーンズは、ミック・テイラーが脱退したあとの後釜ギタリストに、ジェフ・ベックやロリー・ギャラガーなんかと交渉していたとか!?ジェフ・ベックファンとしちゃあ、「そりゃありえねぇハナシだろう〜」という見解・・・。ましてや、あのブルース魂コテコテのロリー・ギャラガーがストーンズのギタリスト??なんてありえん!!。でも、後日談のジェフ・ベックへのインタビューで「あの時、ストーンズに参加していたら死んでいただろう・・」と語っていた、とか??←この間ラジオで言っていたハナシ。

『プリミティヴ・クール』の中の「スロー・アウェイ」っていう曲、この一曲のために、わざわざアルバムごと買わなきゃいかんかい?(←iTunesには売っていない)ということで、暫し迷ってしまう・・・昨今のBOSSなんです。

動くジェフ・ベック、しかも、絶頂期の1976年頃のライブ映像(最近は至極便利すぎる?というか、何でもかんでもネット上に情報がある時代)。メンバーはジェフ・ベックの他、ヤン・ハマーのキーボードにサイモン・フィリップスの大音量ドラムス。ジェフ・ベックが一番フュージョン路線に近づいていた頃の演奏。ワタシャ、この頃のジェフ・ベックが一番好きなんです。いまでも、夜な夜なのランニング時に聞くiPodには、 ジェフ・ベックのアルバム”WIRED”の中のこの曲「Blue Wind」が入っているんです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ 人気ブログランキングへ


激走したあと・・・

2009-07-01 : BOSSのマラソン日記

名古屋 設計事務所 デザイナーズ住宅今年もすでに半分終わって、もう7月。なんとも鬱陶しい季節、みなさんは如何でしょうか?

ワタシャ、相変わらずあくせくと仕事して・・・11月のフルマラソンデビューに向けてせっせと走り込んでいます。

6月の月間走行距離は306km。ここんところの雨続きさえなければもう少しのばせたかなぁ、6月は320kmぐらいは距離踏んで置きたかったのですが・・・。でも、まぁ昨年の今ごろは、月間220kmぐらいだったし・・・一昨年のレベルでは月間100kmぐらいだったかなぁ〜、それを思えば、自分でもよくぞ月間300kmまでこなせるようになったもんだ、と自己満足に陥っています。

昨年の今ごろは、毎日10kmなんて筋肉痛やら関節痛で、とてもこなすことができませんでした。今は、毎日毎日走り込んでいても、関節痛やら異常な筋肉痛も殆どなくなったように思います。ただ、ここんところちょっと気になり出したのが、走った後と翌朝のオシッコの色。オシッコの色があまりに濃く、一瞬「ヤバ!血尿???」と思ってしまうくらい・・・。どうやら、激運動の直後は往々にしてあるもの?らしく、色々調べたら水分補給の問題みたいです。

いつも、走った後には水を最低でも750mlぐらいは飲んではいたのですが・・・・それでも、朝起きた後のオシッコの色は茶色に近い感じ、これって結構ヤバイかも?。

オシッコの色があまりに濃いのは、激運動の後っていうのは、鉄分やらアミノ酸やらが不足状態らしく、真水だけではとても補えないらしいのです。そいでもって、最近ではアミノバイタルやらのサプリ剤を、走る前に飲むようになりました。週末の35km走の時には、塩気のあるお茶漬けとタイヤキor大判焼き(大豆たんぱくと糖質でエネルギー源としてgood)+柑橘系果物でクエン酸+アミノバイタルやらのサプリ剤を摂るようにしています(←クエン酸やらアミノ酸は炭水化物を、効率よくエネルギーに換えてくれるらしい?)。30km以上の長距離走の後は、十分なストレッチと水分・栄養補給をして疲労回復を努めて心掛けるようになりました。

そんなこんなで、月間走行距離が伸びてきたせいで食生活もあれこれ気を遣いだし、脂質少なめの肉or魚+豆腐などの大豆たんぱく質+海藻類+カボチャ、豆類、ゴーヤ、人参、などを温野菜で+柑橘系果物…etc.をバランスよく摂るように心掛けています←我が家は、奥方も子供達もジョギング習慣あるもので、奥方が色々考えて下さいます。ご飯類の炭水化物は週の前半は抑えぎみにして、週末にかけては逆に炭水化物を沢山摂るカーボローディングも試したりしています。そのお陰か?、現在平均体脂肪率11.5%、体重57kg(身長164.5cm)ぐらい、以前に比べて走りも快調になってきたような気(だけ?)がします。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ 人気ブログランキングへ


カレンダー
2009 年 7 月
« 6 月   8 月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031