愛知 名古屋 設計事務所 建築家 デザイナーズ住宅|アーキスタジオ


今年も駒ケ根マラソン・・・

2010-09-30 : BOSSのマラソン日記

例の「中国問題」・・・どうやら終息しそうな気配?も漂ってきたようで、よかったのかどうか・・・失われた国益は計り知れないのか?、そうかと思えば、間髪入れずにvers.ロシア北方領土問題の気配。こりゃあどう考えたって、外交下手な管サン+民主党政権にかこつけて、いいようになめられているようにしか思えんのだが・・・。じゃあ、ロシアの次ぎはvers.韓国竹島問題?その次の次は・・・vers.か?←こっちは世襲移譲の真っ最中、下手したら祝賀脅しの実弾ってこともあり得る?ってか・・・、こんな風に飛躍的?に発想してしまう故、世の中が危なっかしい過激な風潮に染まってしまう、これが一番コワイ。思えば若かりし頃は、多少は左翼かぶれして日本の自衛隊や安保の存在に疑問を抱いた時期もあったが・・・昨今の日米安保沖繩基地問題やら中国+北朝鮮の存在思えば、自分も随分と右傾化思考になったのか?それとも正常化思考なのか?いろいろ考えさせてくれる昨今、キーワードは「国益」ってことか。

キナ臭い話しはさておいて・・・

名古屋の設計事務所今年も走ってきました『中央アルプス駒ヶ根高原マラソン大会』。ついこの間までの猛暑から一転、爽やかでカラッした秋晴れのもと、爽快な気分で走ってきました(昨年はコチラ)。

今年は、ウチの奥方も15kmレースに参加。朝6時に家でて、現地には8時前に到着。若かりし頃から山登りに訪れている駒ケ根の地、こんなに爽やかにスッキリと中央アルプス宝剣岳が望めるのも初めてです。

レーススタートは10時。相変わらず、なんでだか年代順のスタートです。
今年も、スタート直後の、若モンのノロノロ集団には泣かされます。我らが50歳台の日頃鍛えられしオッサン軍団は、次々とノロノロ走り(歩き)の若モンをぶっちぎっていきます。気が付けば、自分より前方にいるのは、半数以上が40歳代以上のゼッケンを着けているランナーばかりになっています。
名古屋の設計事務所 マラソン日記
そんなこんなで、爽やかな秋晴れのもと、中央アルプスや南アルプスの(昔登った)山々を眺めながら爽快にかっとばして・・・なんだか、去年よりす〜っと調子が良い!、これも日頃のトレーニングの賜物か、ってほくそ笑んで・・・ゴォ〜ル!!

記録:1時間09分18秒 / 427位(男子総合1477人中)

ウ〜ン、あんだけ快調な走りだったのに昨年より3分半程、縮めただけかぁ〜、ちと残念。それでも、去年は心肺的に一杯一杯だったように思うから・・・それにくらべたら、今年の走りは心肺的にはまだ余裕があった。そう思えば、この後に続くフルマラソン参戦も愉しみになってきました。

名古屋の設計事務所 グルメ

帰路、殆どのランナーが駒ケ根名物になってしまった「ソースカツ丼」食べる為に、あちこちのお店で行列つくっている。ウチの家族はその行列を尻目に・・・へっへっへっ〜てな思いで、、、駒ケ根高原の深閑とした森の建つ穴場の蕎麦屋、『苔清庵』で絶品の十割蕎麦を堪能。これが愉しみで今日頑張ったようなもんだ。たかが、麺類の類い、されど旨いモン喰えるってのは幸せな気分だ。

満足満足なマラソン日和でした。

今後のレース予定など・・・

*中三週後に・・・
■10/17:「第5回鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン」←フルマラソンに向けてのスピード練習
*中二週で・・・
■10/31:「水都おおがきハーフマラソン」←フルマラソンに向けてのペース走
*中二週で?!・・・
■11/14:「2010いびがわマラソン」〜フルマラソン!
*中9日で?!?!・・・
■11/23:「名古屋シティマラソン〜10km」←今年はさすがに10kmで我慢
*中12日で?!?!・・・
■12/5:「奈良マラソン」〜フルマラソン!今年前半のメインイベント

となっています。
今月9月も今日で終わり。昨日の時点での9月の走行距離は、約250km/月。今月前半に若干膝痛を感じた為、5日程自重していました。只今、体重57.5kgに体脂肪率11%前後(身長164.5cm)。思えば、4年程前にダイエットにとウォーキングやジョギングを始めた頃は、ピーク時で体重66kg、体脂肪率22%ぐらい、でした。

名古屋の建築設計事務所スタッフのブログ/ほめれば伸びるタイプなの。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ 人気の建築設計事務所ブログ


建築模型・・・

2010-09-23 : 建築ネタ

本日は、せっかくの休日なのに、朝方からえらい土砂降りの雷雨・・・午後からは、雨も上がる気配、ひとっ走り30km走ってこよう。それにしても、ここ数日えらい憂鬱な気分だ。自分でもなんでかなぁ?と考えてみて・・・一番の憂鬱さの原因は・・・「中国問題」か、と気付く。腹たつこと色々あれど、こればっかりは私一個人じゃあどうしようもない。かと言って、気にするな、と言われても、気になって仕方がない→ますます憂鬱な気分になる。なんとかして頂戴、日本国政府サン。どこぞの知事じゃあないが、まるきりヤクザの因縁話のようで、それでも実害さえなければ、デンと構えていりゃいいが・・・レアメタル云々までやられちゃあ、さすが因縁話も一線こえている。早く収束させなきゃあイカンでしょうこの問題。。。ニューヨークでの国際会議やらヨーロッパでのASEM会議やら、外交チャンスは色々あるんでしょ?・・・国会対策にかこつけて、逃げてちゃ困るよ日本国政府サン。

名古屋の設計事務所、コートハウス憂鬱話しはさておいて・・・実施設計にとりかかり始めた案件の御紹介など。

ウチの事務所では、計画段階でのプレゼンや自分達の空間デザインの確認は、主にCGで行ないます。計画案も煮詰まった、基本設計の最終段階で「建築模型」を造ります。ウチの事務所では、itoが模型造りの精度にうるさい、ったらありゃしねぇ、です。itoの後輩が造る模型に「そこ1mm狂っとる」とか「スチレンボードの切り口が甘い!」とか・・・。思えば、BOSSひとりで事務所やっていた頃なんか「建築模型なんか12時間以内に造る」もんでした←正直、ワタシャ12時間以上は、模型造りに耐えられない!です。それ思えば、今のスタッフの根気強さには感心してしまいます。

名古屋の設計事務所、コートハウス

模型のCGがコチラ。
画像クリック→手動スライドショーです。
真っ白いミニマルな外壁とナチュラルな色の木製ルーバーの組み合わせ。結構な街中に建つロケーション、外観は閉じつつも建物内に中庭を設けて開放的なリビングダイニングをこしらえています。ま、毎度お得意の中庭と一体となった広々リビング、です。

名古屋の建築設計事務所スタッフのブログ/ほめれば伸びるタイプなの。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ 人気の建築設計事務所ブログ


現場監理・・・

2010-09-11 : 建築ネタ

もうすぐ9月も半ばだというのに、何故だかまだまだ暑い日が続く。おかげでマラソン練習も夜行走行ばかり、まだまだ日中には走る気になれん・・・。週末の今夜、頑張って夜間走行22.5km走ろう。

只今、現場監理が二件+新規着工が一件。

新規着工物件は只今着工準備中。今回itoが担当する住宅は、まことミニマルスタイル、半年後の完成が楽しみである。

名古屋の設計事務所、コートハウス

こっちの現場は、躯体工事進行中。

あっっつ〜い中での現場作業は大変だ。

現場に立って、あぁだこぉだ、と現場チェックいれること約30分程度、でも汗がふきだして、ズボンの中まで汗ぐっしょりになってしまう・・・。今年の夏は、あまりの暑さでもって、現場進捗も若干遅れ気味の様子である。そりゃあそうだ、まるきりフライパン状態のコンクリートスラブの上で、灼(焼)けつく鋼材運んだり組み立てたりするのだから・・・30分おきには休憩いれないとアブナイ。

名古屋の設計事務所、コートハウス

あっちの現場は、只今9月末竣工に向けて着々と仕上工事進行中。現場の諸々の施工方法・仕上材搭の検討課題も、ほぼ全て解決して、あとはひたすらキレイに施工してもらうのみ。ウチとしては、仕上精度の確認に走り回る・・・時には、アタマに血がのぼってしまうこともあったりする、が・・・現場監督のAb君が事前、事前に「実わぁ…」っていう相談があって、すぐに対処・打つべき手は打てていて、日々穏やかだ。やはり何事につけ「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」が大事である。

現場監督からあ「実わぁ…」って電話があったりする分は、気分よろしくないに決まっている、が、一番キレそうになるのが・・・現場監督が問題に気付かず、そのまま造っていってしまう時、そんな時には爆発してしまう。今から思えば、昔はよくあったが、最近は少なくなってきたようだ。こっちも歳喰った分だけ大人しくなってしまったのか、それとも経験重ねたおかげなのか・・・。今は昔に比べたら、問題になりそうなヶ所、事前事前に察知し手が打てるようになってきたとも思う。

わたしゃ、一応昔っから、どんな工務店さんが施工しようとも、絶対某スーパーゼネコン並の施工クォリティになるように監理するぞぉ!っていうつもりで現場に臨んでいる。昨年は、その某スーパーゼネコンさんと一緒に仕事させてもらう機会があって、あらためて彼らから施工上の厳格なクォリティ管理の方法や取り組み姿勢などを学ぶ機会があって大変勉強になった。

まぁ、こちとら齢51になってしもうた。現場監理ちゅうモンは、経験も大事だが、一番大切なことは、クォリティ管理に対して、厳格な姿勢で臨むこと。世の中では、次から次へと新工法・新技術が開発されている。それと同じように、新たに発生する建築現場での諸問題・クレームも増え続けているし、それに呼応してJASS規格やら○○建築仕様書やらも厳格になる一方だ。それらをちゃんと知識吸収して、新に自分の設計〜現場監理に活かしていかなければならない、っていうことです。

名古屋の建築設計事務所スタッフのブログ/ほめれば伸びるタイプなの。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ 人気の建築設計事務所ブログ


新作です・・・

2010-09-02 : 建築ネタ

たまには、建築ネタをかきます。

最近、完成しました『Kc-residence』。名古屋市内某所に建つRC造3階建て住宅です。担当はスタッフのito。

名古屋の設計事務所、コートハウス

数あるアーキスタジオ建築作品の中でも珠玉の出え?、と言ってしまってはスタッフの褒め過ぎおだてすぎか・・・うちのスタッフブログ(←だ〜れもサッパリ更新しようとしない、困ったモンだ)じゃあないが「ほめれば伸びるタイプなの。(←裏タイトル=××もおだてりゃあ木に登る。)」って言うほど、itoを褒めた覚えはない・・・どちらかと言えば、ウチの歴代スタッフの中じゃ、一番キツ〜ク絞った口だ。
余談はさておき・・・オープンガレージ越しに中庭はさんで、リビングと屋上庭園が相対する構成。中二階があるスキップフロアー構成の三階建てで、外部空間も内部空間変化に富み、面白い空間構成になっています。itoが考案する空間構成は、なんだか複雑っぽい、と思ったりする。BOSSからみると、ちと気張りすぎ?なような気もする、が・・・それはそれでよし、だ。BOSSの考案する空間構成とは違って、よかろうじゃないか。おかげで、アーキスタジオ作品のバリエーションも拡がり、結構毛だらけ、だ。

↑写真クリックで、手動スライドショーになります(写真はCGではありません、現ナマ写真です、念のため)。

今回の作品では、比較的色んな素材を採用しています。ちょくちょくやる、杉板型枠のコンクリート打ち放し仕上、今回は、杉板の”浮造り”型枠を採用したもので、杉板の木目が際立っていてグッドです。ピンコロ石舗装に、能登桧葉板張りの軒天井、十和田石張りの浴室などなど・・・。これらの素材、日本では1960年代頃の名建築と呼ばれた建物に頻繁に採用されていたものばかり。今どきの経済効率最優先の建材やニセモノ新建材にはない暖かみのある質感が魅力的、アーキスタジオ作品のような、真っ白系建築にもベストマッチです。

名古屋の設計事務所、コートハウス
↑写真クリックで、手動スライドショーになります。

まぁ、それにしても今年の夏の暑かったこと(未だに暑いったらありゃあしない)。現場監督さん始め現場の皆さん、本当にお疲れサンでした。この『Kc-residennce』も無事完成して、お陰様でクライアントさんには大好評です。

なによりも、この建築のチャンスをいただきました御施主様には感謝するばかりです、有り難うございました。

名古屋の建築設計事務所スタッフのブログ/ほめれば伸びるタイプなの。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ 人気の建築設計事務所ブログ


カレンダー
2010 年 9 月
« 8 月   10 月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
アーカイブ