愛知 名古屋 設計事務所 建築家 デザイナーズ住宅|アーキスタジオ


庭とキッチン・家具

2015-09-25 : Staff 日々奮闘・・・

少し前の事ですが、輪鼓装飾店さんとプリマヴェーラさんにお邪魔してきました。

アーキスタジオの造園で、いつもお世話になっている輪鼓装飾店 新村さん

風がよく抜けて、水が流れる庭を眺められる、打ち合わせスペースです。

私たちが来るまえに、1時間ほど庭の手入れをしたそうですが、どこをどのように手入れをしたか、教えて頂くまで分かりませんでした。自然で繊細なお庭です。

いろいろお話をお聞きすると、作庭するには知識と経験の他に、「感性」が生きるそうです。水辺の草の植え方や、鳥が運んで生えた草の間引き方。などなど。

新村さん曰く、庭について考えるとき、少し引いて全体から見て考えるそうです。



私のおばぁさんから聞いた話だと、庭師さんにお茶を沢山だすと、良い庭が出来上がると聞いた事がありますが、それと同じ事なんでしょうか。





アーキスタジオのキッチンや家具で、いつもお世話になっているprimaveraさん

村田社長様から、金物や仕上げ材料、ほかにもいろいろなお話をお聞きさせていただきました。

食事をつくってあげるとき、料理中にコミュニケーションを通わす事で、一人ひとりの嗜好や微妙な味付けを加えるような、ものづくりを大切にしているそうです。

板前さんが、お客さんと会話しながら、料理を仕上げていく事に近いと感じました。





輪鼓装飾店  新村さん、primavera 村田社長様のお話を聞いていると、所長がいつも言っている事と通じる事ばかりで、つくるものが違えど、考え方が似た方達がアーキスタジオの周りに集まってきているんだと思いました。

tabata


作品見学をしてきました。

2015-09-16 : Staff 日々奮闘・・・

アーキスタジオの作品を見学してきました。

月日が経ってもホームページに公開されている写真と変わらない、同じ住宅がそこにありました。

お施主様からコメントを紹介します。

「アーキスタジオさんにお願いして本当に良かったです。」

「住み始めてから特に違和感なく生活できています。この「違和感」なくというのが凄いところだと思います。よく考えられた設計だからだと思います。」

「住みやすい、素晴らしい家を、設計して頂きありがとうございました。」

などなど、淀みのないコメントを頂いてきました。
(新人スタッフtabataではなく、もちろん所長への言葉です。)

どの作品も、お施主様が丁寧に生活され、日々の生活を楽しんで馴染んでいる様子が垣間見えました。

アーキスタジオの作品を見れる貴重な機会となり、お施主様の暮らし方をはじめ、材料の納まりや使い方を確認できる良い機会となりました。(実施図面を描いている為、確認も含めて)

事務所に戻ると、実施設計中の納まりについて、所長からブラッシュアップ案がでてきました。見学してきた作品から得たそうですが、いつの間に見ていたんでしょう。
観察力・分析力は日々のトレーニングで養われるとは、伝授されましたが、つまりはそういうことだと感じました。


カレンダー
2015 年 9 月
« 8 月   10 月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930