愛知 名古屋 設計事務所 建築家 デザイナーズ住宅|アーキスタジオ


京都 古今 その1

2015-11-24 : Staff 日々奮闘・・・

うっすら色づく紅葉と、古今の建築をみに京都へ行ってきました。

京都国立博物館 平成知新館 / 谷口吉生 氏

対面する敷地の南大門から続く、エントランスまでのアプローチの軸線を通り抜け、

収蔵品を守る為にプロテクトされた各展示室への動線は、

居場所を見失わないように、光に満たされた吹き抜けのホールを介す構成になっています。
2階までいくと、ホールを介して、京都の街並と紅葉が見渡せます。



谷口氏の建築は、垂直水平が特に美しいです。

外にある水が、建築の垂直水平を更に引き立てています。














歩きながら見ていると、垂直水平の線がどこもかしこも見えてきます。
柱、壁、屋根、開口部、素材の割り付け、素材が変わる箇所などなどまで。
それらの線と線がつながる訳ですが

なんと、
吹き抜けを貫通する2階ブリッジのフローリングの割り付け目地が、
3階のフローリングの目地と階を跨いで同位置で繋がっていました。

垂直水平の構成を、それほどまでに一貫している事に感銘を受けた建築となりました。

tabata





あと一名、設計事務所経験のある方、スタッフ募集しております。
『建築家』の志をもっている方、私達と一緒に建築を創りませんか?
根性バリバリ・向学心旺盛・欲望旺盛・感性ピカイチな方を求めます。
どうぞ、よろしくお願いします。


カレンダー
2015 年 11 月
« 10 月   12 月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
アーカイブ